本文へスキップ

東京都江東区・中央区で中学受験塾をお探しなら 

脱演習量・教養育成型の指導。だから本気で難関校を狙える!

「できる子」に育てる新発想とは?
 〜私が半年で偏差値を29から74に上げた方法〜



演習量が多いと宿題をこなすだけで手一杯になりませんか?
私も子どもの頃はそうであったように、わかってもいないのに演習量が多いとたいていの子は「やり方を覚えよう!」と考えます。

↓↓↓ すると・・・

考え方が身につかないので、学力はつきにくくなってしまいます。むしろ、やればれるほどできなくなることもあります。

↓↓↓ そこで

中学受験塾I FIELD(アイフィールド)では基礎学習段階に当たる4年生から6年生前期の演習量を他塾よりぐっと少なくして、今までの進学塾で疎かにされていた学習の基本をみっちりと指導するようにしました。

↓↓↓ すると!!



御三家や難関校にもおもしろいように受かります
し、転塾生であまり出来の良くなかった子でも中堅校にはしっかりと受かってくれるようになりました!

たとえば・・・2016年度の入試結果は?

卒業生15名中の実績です。
中学受験塾I FIELDでは、4教科生のみお預かりしています。

進学実績
第一志望校進学 10名
開成1名 麻布1名 早稲田1名 海城1名 早大学院1名
鴎友1名 頌栄1名 普連土2名 香蘭1名

第二志望校以下 5名
市川2名 成城1名 城北1名
共立女子1名

最低合格ライン
男子 海陽中(55)
女子 共立中(51)
( )は四谷大塚での2016年入試結果偏差値

中学受験で求められているのは、「知識がよく耕されていること」すなわち教養です。中学受験塾I FIELDでは既に習得した知識を活かしながら、教科や分野を超越して考え、学ぶ力を育成することを重視します。

(たとえば、理科で学習する「対流」や「飽和水蒸気量」の知識を社会の気候の学習に活かすというようにです)

だから、卒業生たちは多すぎる演習量で思考力を潰されることなく、最難関校にも合格できています。

そこで、中学受験生のお父さん、お母さんにお願いがあります。

「脱演習量・教養&思考力育成型」の難関中向けの中学受験塾でお子さんに第一志望校合格を勝ち取らせてください。まず、入室テストから始めましょう。ご縁のものではありますが、それでもきっと何かがここから始まるはずです。

追伸
中学受験塾I FIELDでは入室テストは毎月実施するものではありません。新入生の初期教育ができて余裕があるときのみ入室テストを実施しています。新入塾生の募集がある時は、機会を逃さないようお願い申し上げます。


次回の入塾テストに挑戦してみる



中学受験塾 I FIELD(アイフィールド)

〒135-0021
東京都江東区白河1-2-10

TEL 03-5620-3853