本文へスキップ

東京都江東区・中央区で中学受験塾をお探しなら 

5年生で転塾をお考えの方へ

「塾ジプシー」という言葉をご存知ですか?

安全性の高い転塾と危険性の高い残留どちらを選びますか?



多くの人が転塾と残留で悩みます。現状で「親としてできることはしたんだ・・・」という方は間違いなく転塾された方が良いです。まだしてやれていないという方は、まずお子さんのフォローに力を尽くしてみてください。それでもダメだったら、またこのページに戻ってきてください。

敢えて凄いたとえを挙げます。

難病に罹患した場合、副作用が怖いから治療はしないとなれば、後は緩和ケアしか残されていません。副作用と完治の可能性やQOL(生活の質の向上)を天秤にかけて治療をするわけです。

転塾もこれに似ています。転塾した利益と残留の利益を天秤にかけて判断します。転塾のリスクは次の条件を満たす塾なら減らすことができるものです。

1.転塾生を再生させ上位に入れた実績がある。
2.学習の質を高めるため指導をこまめにしてくれる。


転塾先の塾を探すときには慎重になってください。上記の基準を満たしていない塾へ転塾してしまうと、点々と転塾を繰り返す塾ジプシー生活になってしまいます。これは将来においても逃げ出す癖をつけてしまうので子どものためになりません。もし既に塾ジプシーになってしまっているなら「ここを辞めたら受験はしない」と覚悟をさせて入塾テストに臨んでください。

塾ジプシーにならないために入塾テストに参加する 




一度は諦めかけた開成中
下がり始めを上手に捉えたお母さんの作戦が合格へと導く!
江戸川区M小Aくん開成中進学

入塾時の問題点と改善策

親の言うことを聞かない
学習習慣がない
⇒彼の信用を勝ち得た後に、私たちがお母さんの言うことを聞くメリットを伝えて、説得する必要性がある。

目標は開成
⇒トップレベルの講師が指導しないと合格は難しい。

記述が書けない
⇒記述の授業はあるが、記述の指導を受けていない。

近頃、急にクラスが落ち始めた
⇒素養は十分にある。それを引き出せない講師の教務力の問題。

本人の意向

開成に入りたいが、勉強は嫌だ。国語は勉強の仕方そのものが分からない。解き方がないのが気に入らない。まだ、算数の方がマシ。問題を解くのは楽しい。解けないと腹が立つ。

私の所見とその後

半年でどうにかできると思います。賢い子です。「国語は分析できない教科だから嫌だ!」ということです。素養を調べさせてもらいましたが、国語も言葉が分からないというのではありませんでした。この手の子は論理的に考えることを教えていけば改善できます。案の定6年生の夏休みには開成ですら合格点を取れるようになっていました。

算数は問題を自分に引き寄せるために、「難しいなー」と思ったら絵を描くことを勧めました。これでそれほど時間もかからずに解決でるようになりました。

勝因は?
子どもが落ちきる前に転塾を決断したことが最大の勝因です。落ち始めて2回目で決断すれば、たいてい第一志望を諦めずに済みます!

5年生の後期までα1~3で落ち始めてすぐに転塾してくれた子は、100%が第一志望校を諦めずに済んでいます。

それ以外の層の受験生でも5年生の秋からの入塾ならミドルコースのど真ん中辺りからでも、駒東・海城2・立教池袋・頌栄2・普連土午後などの学校に合格をいただく率が概ね80%と良好です。(複数回受験の学校は1回目の受験で落ちてくるのが難点です…)

第一志望を諦めないため入塾テストに参加する 




学習法相談・実習で合格(うか)る戦術がわかる!

いまの勉強の仕方、志望校に合っていますか?



志望校によって求める生徒像が違います。当然、入試問題も各中学校の求める生徒像を反映したものとなります。また、志望校は全ての受験生が同じという訳ではありません。

具体例を挙げれば、1日に開成・3日に海城を受けていく子と1日に開成・3日に早稲田を受けることでは、各教科の学習量と方法に違いがあります。

このように、受験生ひとり一人違っている志望校により細かに対応するため、中学受験塾I FIELDでは必要に応じて学習法相談と実習を行っています。

第一志望校を中心に学習することが併願校対策にもなるように指導されるので、とても効率の良い受験勉強ができます。


茶話会・三者面談・個人面談で実行させる環境が整う!

十人並みの指導を受けていませんか?

受験生は10人いれば10人とも、違います。具体的には性格から始まって、家庭環境を含めた生活環境、得意分野と不得意分野など一人として同じ子はいないはずです。その違いを踏まえてより良い道を探っていくのが、受験生を見守るお父さん・お母さん・私たちの務めです。

中学受験塾I FIELDでは、基本線から外れないように、学習方法もその子に合わせてアレンジしていきます。受験生本人の意識を改善すべき時はそちらの方もサポートしていきます。




カリキュラムは? 

受験生が「理解」して受験場に臨めるためのカリキュラム。

中学受験塾I FIELDでは、春期、夏期、冬期などの季節講習会で復習の必要性の高い算数を除き、他教科では無駄な復習をしません。そのため、4年生から5年生にかけて入試で出題されるほぼ全範囲の学習が終了します。その後、6年生で基礎から学び直します。

全範囲の学習が終わった後、一度ならず扱った内容を基礎から扱ってもらえるので、受験生が「理解」して受験場に臨めるようになっています。

5年生カリキュラム


授業料と通塾日 

曜日
時間 17:00 ~20:00
17:00 ~20:00
17:00 ~20:00
  20:00 ~20:30
RTW算数
場所 1号館BRILLIANT
(ブリリアント)
2号館INFINTY
(インフィニティ) 
1号館BRILLIANT
(ブリリアント)

※RTW算数は選択講座になります。稀にですが、終了時刻が15分ほど遅くなってしまうこともございますので予めご了承ください。

教室維持費や教材費はかからないの?


一般的な塾では、授業料の他に教室維持費・教材費・テスト代などにかなりの費用がかかります。

少しでも授業料をお安く見せようという経営努力(?)や教室維持費と教材費の集金時期が異なることが退塾防止につながるという考え方からそうなったのかもしれません。

でも、何か騙し打ちをするようで、私はそういう方針は好きではありませんし、親御さんにとっても面倒なだけではないでしょうか?

中学受験塾I FIELDでは教室維持費・主教材費はいただいておりません。資料集や地図帳などの副教材についてのご紹介はしますが、書店等でお求めいただいております。

授業料:49,800円(月額税込)/RTW算数10,800円(月額税込)



次回の入塾テストのお知らせ 

 


中学受験塾 I FIELD(アイフィールド)

〒135-0021
東京都江東区白河1-2-10

TEL 03-5620-3853